PowerConfを導入しました

時節柄、社外の打ち合わせやオンライン同窓会などでビデオ会議アプリケーションを
利用する状況が続いています。
オンライン会議アプリを通じてミーティングを行っていると、長時間にわたり
ヘッドフォンなどを装着することになります。
この煩わしさを改善するには?と考え、WEB会議マイクの導入を検討していました。
ただ、昨今のテレワーク需要により、国内メーカーなどのハイスペックのものも含めて、
ほぼすべてが在庫切れ。
今回、春先の発売直後から注目していたAnker社のPowerConfを入手できたので
試験的に導入してみました。

今回はこの接続・設定方法をご案内します。

PowerConfですが、パッケージはこのようなデザインです。
  PowerConfパッケージ

開梱するとこのようになっています。
  PowerCong 同梱物
本体(運搬ケース付属)、USB変換ケーブル、説明書がコンパクトに収納されています。
USB変換ケーブルは内側と同じ色で何も書かれていない箱に入ってるので、
見落とさないようにしましょう。

内容物を確認したら、早速PowerConfを起動して、使用してみましょう。
Windows環境の説明はこちらです。

まず、Macに接続してみます。
BluetoothとUSBのどちらでも接続できます。
初期設定でBluetooth接続が可能なので、ここではBluetooth接続を試してみます。

1) 左上のリンゴのアイコンをクリックして、「システム環境設定」から「Bluetooth」と進みます。
  Mac1_Bluetoothを選びます

2)「Anker PowerConf」をクリックして「ペアリング」をクリックします。
  認識されないときは、PowerConfの電源を確認します。
  電源が入っている状態で認識されない場合、再起動します。
  Mac2_Bluetooth2_ペアリングを開始します

3) MacとPowerConfでペアリングが完了すると「接続済み」と表示されます。
  Mac3_Bluetooth3_ペアリング完了_スピーカー切り替わってる
この時点で、Mac本体のマイクとスピーカーは自動的にPowerConfに切り換わります。

4) Zoomを起動して、「オーディオ」の項目でマイクとスピーカーの設定を確認すると
 自動的にどちらも「Anker PowerConf」に切り替わっています。
  Mac4_zoomの設定を確認します
スピーカーのテストとマイクのテストで動作確認をしましょう。

5) この画面を閉じて、Zoomで会議を開始するとこのように表示されます。
  Mac5_マイクが稼働しました

6) PowerConfの使用後、Bluetoothの接続をしておきましょう。
もう一度 3)の画面に戻り、「×」をクリックして接続を解除します。
  Mac3_Bluetooth3_ペアリング完了_スピーカー切り替わってる
この手順を省略して、本体の電源を解除しても問題ありません。

以上で、Macでの動作確認は終了です。

続いて、Windows環境でテストしてみます。

1) Windowsキーを押し「設定」をクリックします。
    Bluetoothとその他のデバイスをクリックして、一番上の「+」をクリックします。
  Win1_設定からBluetoothを選ぶ

2)「Bluetooth」をクリックします。
   Win2_デバイスを追加する

3)「PowerConf」をクリックします。
  認識されないときは、PowerConfの電源を確認します。
  電源が入っている状態で認識されない場合、再起動します。
  Win3_デバイスを追加する2

4) 正しく接続されると「準備が整いました!」と表示されます。
  Win4_準備ができました

5) ここではSkypeを使用して、接続テストを行います。
  Zoomでのチェックは前述のMac編をご覧ください。
  Win5_Skypeでテスト
  
6) マイクとスピーカーが初期設定のままになっています。
  それぞれ「ヘッドセット(Anker PowerConf Hands-Free AG Audio)」に変更します。
  Win6_マイクの設定を変更

  Win7_スピーカーの設定を変更

8) Skypeで音声テストと無料テスト通話を行なって、動作確認は終了です。

9) PowerConfの使用後、Bluetoothの接続をしておきましょう。
  もう一度 1)の画面に戻り、「切断」をクリックして接続を解除します。
  Win8_Bluetooth接続を終了する
 この手順を省略して、本体の電源を解除しても問題ありません。

最後に、USB接続について簡単に説明します。
PowerConf本体とパソコンの接続後は自動的に認識されるため、具体的な説明は省略します。
動作確認方法はBluetoothでの確認方法をご参照ください。

PowerConfの本体側はUSB-C端子で、USB-CからUSB-Aの変換ケーブルが付属しています。
(USB-A端子も存在しますが、外部機器への充電専用です)
MacまたはPCにUSB-C端子しか存在しない場合、
 ・付属のケーブルに市販のUSB-AからUSB-Cの変換ケーブルを介して接続
 ・両端がUSB-C端子のケーブルで接続
このどちらで対応することとなります。
必要に応じて、変換ケーブルなどをご準備ください。

以上で、PowerConfをMacまたはWindowsPCと接続する方法の説明は終了となります。

本当に簡単に接続でき、操作も分かりやすく、外部スピーカーへの接続ができるのもポイントです。
全指向性マイクが内蔵されていて360度どこからでも音を拾うことができ、3Wスピーカーも内蔵。
小規模の会議室での使用なら十分使えますね。
他社の上位機種と異なり、連結して増設することはできませんが、価格帯を考えたら無理のないところです。
利用する規模や頻度を考慮する必要はありますが、手始めに導入する価値は十分ある1台でした。

最後までお読みいただきありがとうございました。

前の記事

Zoom5のポイント